• ホーム
  • 勃起障害を治せる治療法と治療薬

勃起障害を治せる治療法と治療薬

散歩しているカップル

勃起障害は身体に何かしらの障害が起こることで勃起ができなくなる器質性と、精神的なストレスからくる心因性があります。
器質性は不慮の事故によって神経が断裂するなどの障害、血液の循環が上手くいかないことによる問題などがあり、糖尿病や高血圧症と併発することもあることから、生活習慣病の前段階として考えられることもあります。
治療は主に泌尿器科か、勃起障害を専門に扱うクリニックで、原因を特定してからの処方薬や治療法の提示が行われます。
神経の障害については手術を受けるなど、大がかりな治療法が必要で、場合によっては治らないなんてことも少なくありません。
しかし、血行障害については原因となる糖尿病などの治療を行えば自然と治ることもあり、さらに病院で処方されるED治療薬を使用すれば一時的に改善することが可能となります。
問題は血液がドロドロの状態で流れにくいことにあるため、下半身の血流を良くすることに尽きるので、有酸素運動やストレッチによる血行の改善や、血液をサラサラにする食事を摂れば、時間はかかりますが治療ができます。
仕事や家庭環境のストレスや過去のトラウマからくる心因性の治療は非常に難しく、泌尿器科ではなく精神科の領分となります。
原因を取り除くためにはカウンセリングを受ける必要があり、この状態はED治療薬では改善することがほとんどなく、精神安定剤などを併用して、性行為に前向きな考えを持たせる必要があります。
心因性は性行為の失敗によって起こることがあるため、器質性の勃起障害で自分はもうダメだなと考えると、心因性を一緒に併発することもあるため、原因が両方あると治療はさらに難しい状態になります。
とはいえ、絶対に治らない病気ではないので、医師に相談して最適な治療法を見つけるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧